2017/12/15(金) 17:00:37
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の更新
CUSTOMIZE(LY3P)
10/28
CUSTOMIZE(LY3P)
10/28
CUSTOMIZE(LY3P)
10/11
ぶろぐぅ
09/17
ぶろぐぅ
08/20


T-bao Tbook Air購入

初回投稿:2017/09/12 00:36:32 最終更新:2017/09/17 22:47:02

中華PCのスペックトレンドがいい感じに変わってきたようです。
  2016 2017
CPU Atom Z3735F Celeron N3450
MEMORY 2GB 6GB
WIFI 802.11bgn 802.11ac
OS Android5.0 + Win10Home 32bit Win10Home 64bit
筐体 タブレット ノートPC
搭載メモリは増え、OSは64bit版となり、11a対応となりました。11a非対応はなにげに辛かった…

寝室用のVAIO type TがYoutube見るだけでCPUがフル回転→底面が熱くなり足の上に置くと辛い状態だったので、後継者を探し良さげなものをポチってみました。
 

T-bao Tbook Airです。送料込みで300ドル位でした。
ちゃんと包装されて届いたのですが箱はなぜか裂けており、さすがのクオリティにドキドキです。
とりあえず中身は大丈夫でした。


見た目はMacbookですね。ポートもUSB-C 1ポートのみです。
ただ、タッチパッドに指紋認証センサーが組み込まれていたりとMacbookにはない機能を持ってたりもします。


箱の中身はUSB-Cの充電器とケーブルのみでした。
…USB-CだったのでHUBのセットで頼んだのに付いてきてない…。ということでクレーム上げて差額返金となりました…


アルミボディで思いの外良い作りではあるのですが、天板に付いているこのロゴ…
まさに中華な感じ。剥がれるかなぁと爪でしばらくカリカリしてたら剥がれました。
うーんスッキリ。
名前違いのCiviltop AirというPCがあるようですが、こちらはロゴ無しなようです。

スペックはこんな感じ。
CPU Intel Celeron N3450(1.1GHz Burst2.2GHz 4core)
メモリ LPDDR3 4GB
ストレージ M.2 SSD 128GB
画面 12.5inch IPS FullHD(1920x1080)
WIFI 802.11a/b/g/n/ac(Intel Dual Band Wireless-AC 3165) 433Mbps
外部ポート USB-C x 1
その他 Bluetooth 4.0, 2.0MP フロントカメラ, 指紋認証付きタッチパッド
サイズ 29.5 x 20.0 x 1.0cm 1.077kg

メモリサイズはトレンドから外れ4GBと少なめですが、
・サイズがコンパクトなのにFullHD
・薄い!軽い!
・ストレージがeMMCではなく、M.2 SSD!
という所に惹かれて購入しました。

ベンチをちょっと取ってみました。

左がTbook Air、右がVAIO type Tです。
Tbook Airはスケーリングを125%にしているのですが、D2Dが落ちてしまうのでこの時だけ100%にしています。
結果としては倍のスコアですね。ストレージはtype TもSSD化しているので負けましたがそれに近い結果を出しています。
いいんじゃないでしょうか。

使ってみた感じ、ブラウジングやOffice系のアプリを使っている分には負荷がかかって重く感じることは無さそうです。
YoutubeはVAIOよりは全然マシですが再生中のCPU使用率は30~40%をウロウロしている状態です。
そもそもファンレスなのでCPUが回っても無音です。
普通に使っている分にはバッテリーは4時間位は持ちそうです。

気になった点としては
  • 液晶が低ランクのモノのようで、表面に一部気泡が入っていたり(使用中は全く気にならない)、すごく薄っすら青みがかっている所があったりという部分がある(ほぼ気にならない)
  • 液晶の開閉時にキシミ音がする
    →ヒンジが原因と思いきや本体側裏蓋の剛性があまりよろしくないようで縁が擦れあって鳴っているようです
     裏蓋の縁にドライファストルブを吹いてあげたらピタッと出なくなりました
  • 電源ボタンがBackspaceの上にあるので押し間違えるとスリープに入る…
    →Win10側の設定で電源ボタンが押されても何もしない形にして回避
  • キーボードが英語キーボード
    →以前はこれで選択肢から外れてましたが、自分を慣らす事にして今では愛七號も英語キーボードな為問題無し
な感じです。
一瞬これでHackintosh化したらまんまMacbookじゃんと思いましたが、Celeronなのでやめました。

これでベットでゴロゴロできそうですw


関連記事
関連記事はありません。

コメント
お名前
コメント
 
画像の文字を入力し、チェックボックスをチェックした上で送信ボタンを押して下さい。
見辛い場合は横のリロードボタンで変更出来ます。
コメントは登録されていません。

このページのトラックバックURL : https://e-tune-mt.sytes.net/hcms/index.php/tb/_/2163

トラックバック
トラックバックは登録されていません。

このページは0.413secで生成/表示されました
Ver.20160813