2017/12/15(金) 17:05:15
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の更新
CUSTOMIZE(LY3P)
10/28
CUSTOMIZE(LY3P)
10/28
CUSTOMIZE(LY3P)
10/11
ぶろぐぅ
09/17
ぶろぐぅ
08/20


HSTS Preload導入完了

初回投稿:2017/07/19 21:42:23 最終更新:2017/07/19 21:42:23

自宅サーバーをHTTP/2化に伴いhttps化したので、HSTS Preloadというものを申請してみました。

HSTS(HTTP Strict Transport Security)というのはWebサーバーにhttpのリクエストが来ても強制的にWebサーバー側でhttpsリクエストに置き換えて、httpsのみの通信にしてしまおうという仕組みです。
これはHTTP/2化に際しても必須事項な為、既に自宅サーバーは対応済。

で、HSTS Preloadについてですが、これはそもそもWebブラウザ側で入力されたURLをWebサーバーへリクエストする前にhttpsのURLに置き換えてしまおうという仕組みで、Webブラウザ側の機能になります。

HSTS Preloadに対応したブラウザはcaniuse.comで確認することが出来ますが、主要なブラウザは軒並み対応しているようです。
HSTS Preloadに仲間入りさせてもらうにはhstspreload.orgで申請をする形となります。
申請からうちのサイトは1ヶ月位で反映がかかったようです。

実際に申請が通ると、ブラウザのソースコードに取り込まれるようです。
以下はchromiumのソースになります。

おおお…ウチのサイトが入っている…。ちょっと感動。
ざっと見た感じ、全世界で約30000ドメインしかまだ登録は無いようです。
そのうち.jpのサイトは200ちょっと。まだまだですね。

ということでブラウザのURLでe-tune-mt.net/hcmsだけ打っても、ブラウザがちゃんとhttps://e-tune-mt.net/hcmsに勝手にURLを変えてくれるようになりました(^^)



関連記事
関連記事はありません。

コメント
お名前
コメント
 
画像の文字を入力し、チェックボックスをチェックした上で送信ボタンを押して下さい。
見辛い場合は横のリロードボタンで変更出来ます。
コメントは登録されていません。

このページのトラックバックURL : https://e-tune-mt.sytes.net/hcms/index.php/tb/_/2160

トラックバック
トラックバックは登録されていません。

このページは0.385secで生成/表示されました
Ver.20160813