« ジャガーの歌がぁ... | メイン | いつのまにかDBが… »

::::: 2004/10/23(土曜日) :::::

[日常] 祖母逝去

 10/20朝、実家に住んでいた祖母が逝去しました。
 その為、21日から帰省し通夜、告別式と済ませてきました。

 最近の葬儀屋の技術は凄いもので、エンバーミングという技術で肌の色はピンク色で指も柔らかく普通に寝ているようでした。
 ここ数年は心臓の調子が悪く、管で鼻から酸素を吸って生活していたのですが、実は一週間前から入院していたらしいです。
 2週間前に子供を連れて帰っていた時はピンピンしていたので凄く驚きました。
 亡くなる前日の夜まで普通に会話していたそうです。
 おかげで子供、兄弟、孫達と色々話す機会が持てたので良かったのかなと思います。
 当日も眠るように亡くなったようで、良かったなぁと。

 祖父が65才で亡くなってから84才までの間、
ゲートボールや、ダンス、和讃、あとなんとボーリングも楽しんでいたようです。
 写真が残っていてビックリしました。
 みんな楽しめるものは楽しんだんだから幸せだったよねと言ってましたが、まさしくその通りかなと思いました。
 告別式でも和讃仲間の方に唱えて頂いて幸せな人だなぁと…。
 天国で祖父と幸せに暮らして欲しいものです。

 今回、霊界というものは存在するんだなぁと思った身近な出来事がありました。
 21日はオイラだけ帰って嫁ともえちんさんは家に残ったのですが、もえちんさんが夜に部屋の一点を見つめているので、嫁がどうしたの?ばぁちゃんが来たの?と聞いたら首を縦に振ってばぁちゃん来たのと言ってたそうです。
 家族にお別れを言いに来たんでしょうかね。

 自分が死ぬ時はどうなるんだろうかとたまに考えたりしますが、こういう世界があるならなんか安心できるような気がします。


[23:00]

トラックバックURL : http://192.168.1.33/blog/mt-tb.cgi/117

この記事へのトラックバック

    ■上記記事に対するコメントを入力して下さい■




保存しますか?