« ビックリな水温 | メイン | AVC-R復活 »

::::: 2004/10/01(金曜日) :::::

[クルマ関係] ファンコン移設

 MLで配線について質問してみた所、判明しました。
 やっぱりGDBと一緒だったみたいです。

 という事で、早速再配線作業スタート(また後ろリミット有り)。
 まずはまた助手席フロアひっぺがしてECUにファン配線2本を結線しお片づけ。
 これは30分かからない位で終了。

 次は適当にくっつけた本体の移動です。
 まず運転席のコインケースの中を考えたのですが、運転中開けてると足が当たりそうなので却下。
 次案はATシフト横。が、これも眩しそうだし見る時首曲げないといけないで却下。
 そうすると、やはりオーディオ下の小物入れか…
 そこそこ余裕もあったので、外してみる事にしました、

 昨日は実は灰皿の所の2本のビスがスタビで取れなくて諦めてたのですが、ドライバーセットのドライバーがギリギリ使えそうな事を発見。なんとか取れました。
 これが取れればあとは内装はがしでモリモリ取って、初センターコンソール剥がし完了。

 小物入れを外す為にDINの骨組みごと少し引き出したのですが、その時骨組みの下部がATシフトの土台に当たって細かい傷が…(--;
 とっさに後部座席にあったもえちんさんのパンパースを敷いて事なきを得ました(笑)

 で、小物入れを外し、背面にグリグリ穴を開けました。
 開けてからファンコンのコネクタが通るか試そうと、一度付けているコネクタを外そうとしたのですがなかなか固くて思いっきり力を入れたらオイラの指の爪が負けました。
 親指の爪少し剥がれました… なんか新しい作業すると爪剥がしてる自分が最近いるようです。

 通るまで調整したら後は戻すだけ。
 途中ビスを落としてDINの骨組み2、3回付けたり外したりしましたがなんとか完了。
 ふぅ…と思って時計見たらリミット迎えてました。

 丁度辺りも暗くなってきたのでドキドキしながらエンジンかけてみました。
 なぜか眩しくないです。見やすい。
 どうもバックライトの指向性が強いみたいですな。これなら嫁も怒らないだろう。一安心。

 設定ですが、サブファンを90度始動85度停止、メインファンを95度始動90度停止でやってみました。
 90度を超えてサブファンが始動し、水温が降りていくのが分かりましたが86度止まりで85度までは落ちません。
 たぶんラジエータの性能限界がこうなんでしょうか。
 という事で86度停止に修正。
 ついでに次期イジリはクーラント交換ついでにサーモをローテンプ(71度開弁)の物に交換決定。(^^;

 これでエアコン無しの状態で走ってみましたが、なんか調子良かったです。
 今まである程度の時間走っているともたつきが少し気になってましたがそれが出てこない感じ。
 しかもなんだか燃料満タンから1目盛で100kmちょい走ってます。悪いと70km位なのに。
 プラシーボなのかなぁ。
 ノッキングレベルですが、これは水温というよりもやっぱり走行時間みたい。
 やっぱりしばらく走ってると出始めてました。
 うーん、分からん。水温が落ちればノッキングの確率も減ると思ってたんだけど…

 しばらく様子見ますかね。


[23:00]

トラックバックURL : http://192.168.1.33/blog/mt-tb.cgi/98

この記事へのトラックバック

    ■上記記事に対するコメントを入力して下さい■




保存しますか?