« ファンコン移設 | メイン | DISKが… »

::::: 2004/10/02(土曜日) :::::

[クルマ関係] AVC-R復活

 前日届いたAVC-Rを取り付けました。

 新品未使用という事でオークションで落とした物でしたが、箱の中身を見てみるとまず目に入ってきたのは黄色帽子のビニール袋に入った部品類。
 …ま、まぁ一度袋を開けちゃったからまとめたんだろうなと思ったのですが、ゴム配管を見てみると本来無いはずの短い配管、しかも切り口は人間がハサミで切ったような物が何本か入ってる。
 本体も裏面と上面に細かい線キズが数本が。前面は問題無いのでまぁ気にならないですがやっぱおかしい。
 ソレノイドバルブやセンサー、フィルター等の使われた形跡は無さそうなので、一度使おうとして準備を始めた所で使うのをやめたものだなと推測。これを新品未使用と書いて出品するかなぁ、普通。

 まぁ、安いし今回は本体しか使わない予定なので注意メールだけ送って終わりにしました。

 取り付けはECU周りは盗られてないケーブルが残ってるので今回は運転席側だけです。
 足元のカバーだけ外して本体をコネクタに刺すだけ。ある意味ポン付けです。
 とりあえずこの状態で動作確認を取ってみましたが各センサーの状態が問題なく表示出来てるのでECU側の配線も問題無さそうです。ふぅ。
 という事で、実設置開始。
 S-AFCIIと同じやり方でセンターコンソール上面のエアコン吹き出し口右側に付けました。

 適当にセッティングして、あとは実走して調整する事にしました。
 某巨大駐車場近くの周辺を5、6周回りながらテスト。
 まず、ブーストが0.5以上かかるか。これでソレノイドバルブとコントローラの動作確認が出来ます。
 ゼロスタートでガバっとアクセル開けましたが0??0.3辺りが1秒ちょっとモタついてからグワっとブーストが上がります。
 ていうか上がってから怖すぎです。1カ月味わってなかった0.5以上のブーストは暴力的ですな。(^^;
 設定上はMAX1.05ですがデューティー比とかがまだ適当なのでブーストメーター見てると逆にどこまで上がるんだ!?って状態でビビってアクセル離したらAVC-Rのピークホールドが1.16示してました。
 こりゃちょっとマズいなと設定をちょっと変えてまた試走。この繰り返しです。
 AVC-R自体の自動学習はアクセル開度85%以上でブーストが安定している事。
 今回もアクセル開度MAXが64%なので高速道路とかじゃないと無理っすね。

 ノックレベルも観察しながらやってますが、MAX175が…。
 回転数ピークホールドで4350rpmで出てます。トルクの谷の辺りですねい。
 この辺りの燃調を少し濃くしてみたら出なくなりました。
 が、今までの経験上そんな簡単に無くなるはず無いのでしばらく様子見。

 とりあえずまだまだ荒いですが2速以降はそこそこ使える状態っぽいです。
 最終的に3400rpm辺りでMAXブーストの到達してます。
 が、1速のモタつきが気になります。
 たぶん前は違ったような気がするけど元々こうだったのかが記憶無し…(--;
 色々設定イジッてますがこれといって改善が見られません。
 あと、4500rpm辺りのブーストの落ち込みがヒドイです。1.0から0.5辺りまでストンと落ちます。
 これも設定次第だとは思いますが結構モタつきますね。

 今回はDレンジの状態ですが、スポーツモードの各速固定でも調整しないとブーストの上がりすぎが怖いのでやらないと…

 とはいえやっと燃調もちゃんとイジれるような環境になったので面白くなってきました。(^^)


[23:00]

トラックバックURL : http://192.168.1.33/blog/mt-tb.cgi/99

この記事へのトラックバック

    ■上記記事に対するコメントを入力して下さい■




保存しますか?